東北の被災された方々、特に高齢者や小さいお子さんを抱えた親子、病人、障がい者等を大至急、一日も早く、他県に避難させる必要があります。
 そこで、豊島区も進んで受け入れ先の確保をするために、区民住宅等の民間空き住宅の活用とともに、企業が所有する社宅の空き部屋の活用を推進するための緊急要望書を、各町会長名で高野豊島区長並びに日立製作所宛に提出しました。
 早速、区の住宅課で対応してもらい調査に着手、日立製作所からも後日、田村会長宅にお返事をいただきました。
 依頼した調査の結果、多くは老朽化等がひどく活用は困難でしたが、「造幣局千早寮」は活用の可能性があることがわかりました。
東日本大震災 被災者支援・豊島区防災情報1
高野豊島区長宛の要望書 日立製作所宛の要望書 調査結果